弁護士?税理士?

相続税の申告が必要な場合も相続にはあります。そのとき経験豊富な税理士だからこそ、いいパートナーになってくれるはずです。税理士とは、税に対してのプロフェッショナルなのですから。そして、税理士に相談をすれば、相続手続きにおいて発生しそうな問題点をあらかじめ知ることが出来ますし、解決策を知ることができます。

それは、既に、税理士が多くの相続問題を扱って来て、ノウハウを蓄積しているからです。経験ということも、相続問題に対して、大きなポイントとなります。

依頼する人も、自分で時間をかけてじっくり取り込めば、相続問題は解決出来るのかもしれませんが、ほとんどの方々が、素人であり、未知なる道を一歩一歩スローペースで進んでいくだけです。税理士が、あなたの相続手続きに必要な費用概算についてもしっかりアドバイスします。

相続について相談をするのなら、税理士だけでなく、弁護士、司法書士などの方法もあります。そのとき、税理士に相続相談するメリットは、相続税の申告に対して強みがあるからです。

ただし、ただし、相続税の申告は相続が発生した中でも4%程度と言います。決して、弁護士、司法書士という選択が間違いということではありません。ただし平成27年以降では相続が発生した場合は1.5~2倍に増えたとも言われています。